FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKアニメワールド「へうげもの」

「へうげもの」という古田織部を主人公としたアニメを、毎週木曜日の夜11時に放送しています。
皆さんごらんになってますか?

時代物というのは、史実をもとに小説家だったり、脚本家だったりが自分の思ったように人物を描くのでしょうから、作者の好みによって「良い者、悪者」が違ったりもします。
あくまで「フィクション」と断れば、どんな描き方でもできるわけですよね。

NHK大河ドラマ「江」の描き方は私の時代認識と近く、見ていてとても共感できます。
俳優陣も好きな俳優が揃っているので思い入れも強いです。

それに対して「へいげもの」
コミカルな感じにして「茶道」を親しみやすいのもとして描きたいのでしょうか?
どうにもしっくりきませんね…。タイトルも無理矢理カタカナをこじつけている感じだし。
利休さんも冷徹で鉄面皮で、まるでモアイ像のよう。
お茶の歴史や知識をより増やしたいので毎回欠かさず見てはいますが、一回見れば充分という感じです。

でもその後の「へうげもの 名品名席」はその回に出てきた「名物」の純粋な解説なので面白いです。
中島誠之助氏のしゃべりは軽快で楽しいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。