FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小習「茶杓飾り 濃茶」左勝手の場合

夏期講座4番目は 小習「茶杓飾り 濃茶」左勝手の場合 です。
普段の稽古でもよく感じることですが、左勝手の場合人の点前を見ているととても難しそうで頭も混乱してきますが、自分でやってみると案外すんなりできるように思います。
僕の身の回りでも「左勝手は苦手!」という人が結構いますが、僕は左勝手以外と好きです。
頭の体操にもなりますし。
帛紗さばきなども反対側でやってみると通常側の欠点もよく解るような気がします。
ただ、本勝手のように自然に滑らかに出来ているかといえばそうでもなく、「え~っと」という間が入ってしまうことが多々あります。

「ちょっと左勝手でやってみて!」「かしこまりました」となれるようになりたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。