FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶の楽しさって何?


茶道の魅力って何?と聞かれればいくつでもその魅力を上げられますし、学ぶことの価値もいくらでも説明できます。

ではお茶の楽しさって何でしょう?
修行をされている方はこう聞かれたら何と答えます?

実はわたくし、ズバッと答えられないのですよ。
そこはかとない楽しさなものですから…。

世の中には色々な習い事や趣味がありますよね。
若い頃の習い事はその時必要な部分をレベルアップさせるためのものが多く、必要としない時期が来るとやめてしまうようなものもあると思います。

私はよく多趣味と言われますが、そのいくつかの趣味について「何が楽しいの」と聞かれればズバッと答えられます。
例えば「魚釣り」「スキー」「テニス」などは連れて行って一緒にやってみればすぐにその楽しさを理解してもらえると思います。
「F1レース」や「サッカーの試合」「格闘技」なども生で観戦すればその楽しさはすぐに分かります。
音楽だって、「ライブ」に行けばCDにない伝わるものがあるし「感動」あります。

ではお茶の楽しさって何でしょう?

お茶会に連れて行ってすぐに分かってもらえるようには思えませんし、言葉でも上手く説明できません。

でも、自分では稽古でもお茶会でも確かに楽しくて充実感を感じるのです。
そして、一生掛けて精進していきたいと思わせてくれる道なのです。

その辺りのことももっと明確にこのブログで表現できるようになったら素晴らしいですね!
頑張ります!



そういえば毎日楽しみに見てきた「ゲゲゲの女房」も来週で終了ですね。
私はゲゲゲの鬼太郎が大好きで実家に単行本が揃っていますし、妖怪の本も好きで色々読みました。
そんなわけで「ゲゲゲの女房」も初めから見ていたわけですが、何とも言えず目を惹かれるのが昔の懐かしい家具や家電品です。
「あのテーブル家のとそっくり!」とか「あのポットうちで使っていたのと同じ!」と言いながら妻と見ています。
前述の「灰の講習会」の翌々日には「深大寺」に立ち寄り、帰りには「ゲゲゲの女房」をバスの中で読みながら帰りました。
あのドラマの何とも言えないノスタルジックな感じ。
本当に終わってしまうのが残念です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。