FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶぁんて・あんの茶道教室

後期の講座が始まり、また男性の方が入会してくれました。
新会員のAさんはなかなか凝り性のようで、いろんな分野でご活躍のようです。
お茶の稽古にもとても意欲的で、教える側も気持ちが引き締まります。
Sさんも正座に大分慣れたようで「略盆点て」のお手前もだいぶスムーズにできるようになってきました。

大日本茶道学会には「茶の湯テキストブック」という教書があります。お茶に関する全てのことが事細かに書かれている素晴らしい内容の本です。
習うだけの頃はこの本を充分に活用しておらず、教えるようになって基礎編から読み返し、改めて内容の素晴らしさに感動しました。
あと何回か読まないと完全に理解できない部分が残るかもしれません。

茶の湯テキストブック


最近発行されている各点前のテキストも、風炉と炉がそれぞれきちんと解説されているので、とても解りやすくありがたいです。

このような優れた教材を活かして研鑽を積んでいきたいですし、多くの方に素晴らしいお茶の世界に接していただきたいと願っております。
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。